特許事務所 富士山会(R)−大阪商工会議所会員の特許事務所
 
特許事務所 富士山会
 
商標110.com特許事務所 富士山会意匠110.com特許申請‐特許出願ドットコム実用新案登録専門サイト知的財産権の年金専門サイトスピード商標登録サイト商標の更新登録専門サイト
 
TOP
特許事務所概要
相互リンク
お問い合わせフォーム
特許事務所の業務紹介
業務内容
ご依頼方法・業務の流れ
料金・費用
商標登録調査・出願
料金・費用
ご利用の手順(申込方法)
申込用紙(ワード形式)
実用新案調査・出願
料金・費用
ご利用の手順(申込方法)
申込用紙(ワード形式)
特許調査・特許出願
料金・費用
ご利用の手順(申込方法)
申込用紙(ワード形式)
商標登録に関して
解説及び参考資料等
FAQ(よくある質問)
特許事務所のポリシー
個人情報の保護
ご利用規約
 
<商標・com> 商標登録証
<日本一> 商標登録証
<富士山会> 商標登録証
<特許・COM> 商標登録証
商標の重要性
 
 商標には、その出所を表示したり信頼を創出したりする機能があります。そしてその商標が登録されると、権利者に専門権や禁止権が発生します。
 
<商標の機能>
 商標には、誰がその商品やサービスを提供しているかという『出所』を表示する機能があり、他者の商品・サービスと区別する機能があります。また、その商標が付くことにより、商品サービスが一定の品質を満たしていることを表す機能もあります。さらに、商標が付いているだけで、その事業や会社の宣伝となる機能もあります。

 また、商標は、その商品・サービスに対する信用をユーザーに連想させることができ、「UNIQLO」などの様に有名ブランドに成長する可能性を秘めています。

 商標出願は、新たな無形の財産を創り出す作業のひとつと言えるでしょう。



 商標には、文字だけの「文字商標」、図形のみの「図形商標」、記号だけの「記号商標」

、これらを結合した「結合商標」、さらに立体物を対象とした「立体商標」があります。

 立体商標は、例えば、ケンタッキーフライドチキンのカーネルサンダース人形などがその例として挙げられます。
 
<商標登録の実益>
 商標を登録しておけば、万一、他者にその商標を勝手に使用された時、商標法に基づいて損害賠償請求や使用差し止め請求を容易に行うことが出来ます。

 逆に言えば、自己が登録していない商標を使うと、登録商標を有する他者から損害賠償請求や使用指し止め請求を受けることもあるということです。たとえ、その商標が既に登録されていることを知らずに使ったとしても、責任を免れることは出来ません。

 育てた商標を他者に横取りされない為にも、自分が使う商標は登録しておくことが大切です。
 
<商標権の効力>
 商標が登録されると、指定商品やサービスと、それに似た商品やサービスでは、独占的にそれを使用でき(専用権)、他人の使用の差し止めも請求出来ます(禁止権)。この効力は日本全国におよびます。この保護期間は、5又は10年とされていますが、所定の手続きで更新することが認められています。
 
 
 
大阪の特許事務所 富士山会
代表者 弁理士 佐藤富徳
〒530-0047 大阪府大阪市北区 西天満3丁目5-10 オフィスポート大阪510号
電話 0120−149−331 (06−6131−2113)
ファックス 0120−149−332 (06−6131−2114)
メールアドレス fuji3kai@sweet.ocn.ne.jp
HPアドレス 特許事務所 富士山会ホームページ
Copyright(C) 2005 FUJISANKAI.All Rights Reserved.